背中ニキビができる理由は不衛生や不摂生といった他の部分にできるニキビと同じようなものもあれば、下着サイズや寝具など背中ニキビ特有の原因もあります。

そのため、普段からしている何気ない生活習慣や一見すると何ら変なところがないように見える生活環境でも背中ニキビの元凶になることもあるのです。

こういった特徴があるため背中ニキビの予防はしっかりとすることが大事です。

毎日の生活の中でこまやかな気遣いをするだけで背中ニキビが発症する確率はかなり低くなります。

下着選びに気を付ける

化学繊維の下着はできるだけ選ばないようにしましょう。

特に背中に触れる部分が多いキャミソールや肌着はシルクや天然繊維であることが望ましいです。

化学繊維は汗を吸収しないのでニキビができやすい環境づくりを促してしまうのに対して、絹や天然繊維は保湿効果が高いのでニキビ予防に繋がります。

また、素材だけでなくサイズにも気を付けましょう。

特にブラジャーは締め付けがあるので3ヶ月に1回程度カップをはかって適正なブラを選ぶことが大事です。

低温入浴&半身浴

20分程度、38度前後(=基礎体温+1~2度)のお湯で入浴することが大事です。

ゆっくりとした時間が過ごせるので心身ともにストレス軽減できるだけでなく、代謝が高まるので毛穴が開き老廃物(=ニキビの元凶)が排出されます。

大事な日焼け対策。UVカットは忘れずにする

顔や首筋ほど背中の日焼け予防をこまめに行っている人は少ないです。

日焼けした肌はターンオーバーを乱し、古い角質が残りやすくなります。

そのため、しっかりとUVカットしてシミ・ソバカス・ニキビ予防をすることが大事です。

充分な睡眠をとる

特別な事情がない限り7時間程度の睡眠を毎日取ることが重要です。

また、寝具の洗濯は定期的に行いましょう。

寝具には寝汗をはじめとした体の汚れが付着しやすく、その上に寝るので不衛生です。