背中ニキビの特徴に「なかなか治りにくい」というものがあると聞きますが、本当でしょうか。
ここではその原因と、対処法について説明します。

背中ニキビ治療に時間がかかる理由

背中ニキビは日常生活の中でいつも目につくわけではありませんし、外部に露出する機会も少ないです。

ましてや命にかかわる訳でも、顔のニキビ・ニキビ跡のように人に見られることによるトラブルが発生することもありません。

そのため、つい放置しがちですしニキビケアを怠りがちな人も多いです。

この背中ニキビに対する意識の低さが治療の遅延の元凶です。

確かに背中ニキビは目につきにくいですが、放置しておくと深刻なニキビ跡へと発展しやすいので早期治療が好ましいです。

また、背中は顔と同じように多くの皮脂腺があるため汗をかく量が多く、毛穴の数もかなり多いのですぐに無数の毛穴に皮脂が詰まってしまいます。

このことも背中ニキビが治りにくい一因となっています。

背中ニキビを早く治すためには

他の部位のニキビ同様、毎日こまめにケアを行うことが基本です。

背中ニキビを治す方法は色々とありますが、最も代表的なのは化粧水や美容液、保湿クリームといったスキンケア用品を使うことです。

例えばピカイチ製のリプロスキンやジュエルレインはニキビ専用化粧水として高い評価と圧倒的な人気を得ています。

肌の保湿成分を高め、一時的ではなく体の根本部分からニキビ肌を治すことができます。

また、普段からできる治療としては「清潔に保つこと」です。

これは衣類や寝具の清潔さや入浴時の洗い方のことで、古い角質が溜まらないようにすることが重要です。

注意点は体を洗う時に刺激を与えすぎないことです。

  • ごしごし髪を洗わない
  • 背中を髪で覆わない(洗髪中の髪を背中にあてない)
  • 肌に合わないボディソープやシャンプー、トリートメントを使わない

こういった点に気を付けることが大事です。