あなたは、胸や胸元にできたぶつぶつで悩んでいませんか?

胸ニキビ

「毎日ボディケアをがんばってるのに、ぶつぶつが治らない・・・」
「夏に水着を着たいけど、ぶつぶつができちゃう・・・」

そんな風に悩んでいませんか?

胸元が大きく空いたドレスやワンピースを着るために早く治したいけどなかなか治らないぶつぶつ。
この「ぶつぶつ」の正体は、実は、「胸ニキビ」です。

胸ニキビはデコルテと呼ばれる首や胸、胸元にできるニキビのこと。
ニキビといえば、「顔にしかできないんじゃないの・・・」と思う方も多いかもしれませんね。

実は顔以外にも、背中と胸や胸元はニキビができやすい場所なのです。
なぜなら、顔や頭の次に皮脂腺が多く、皮脂分泌が盛んだからです。

では、なんで「皮脂分泌が盛んだとニキビができやすいの?」と思いますよね。
これは、ニキビの原因となる菌が皮脂を大好物としているからなんです。

つまり、「皮脂が多く分泌される場所だからニキビができやすい」ということです。

しかも、この胸ニキビ、間違ったケアを続けているとシミなどのニキビ跡になる危険も。

というわけで、今回は、胸、胸元のニキビを予防する方法と治し方のノウハウを紹介したいと思います。

胸のニキビの原因は、「毛穴の中で皮脂が詰まる」こと!

胸やデコルテにニキビができる原因は、毛穴の中で皮脂が詰まり、詰まった毛穴の中で、マラセチア菌という皮膚常在菌が過剰に繁殖することで、湿疹やぶつぶつができます。
この湿疹やぶつぶつが、ニキビです。

えっ!アクネ菌じゃないの?

たしかにアクネ菌も皮膚の常在菌で、ニキビができる原因ですが、それは、顔ニキビの場合。
体にできるニキビの原因の多くは、マラセチア菌なんです。

通常は、私達の皮膚を雑菌などから守ってくれているのですが、毛穴に皮脂が詰まるとにより、増えすぎてしまいます。

皮膚常在菌は、健康なヒトの皮膚表面に通常に存在する菌のこと。
皮膚定住菌ともよばれ,一見,清潔に見える健康な皮膚にも、われわれの目に見えない約102~107 cell/cm2の微生物が存在する。
表皮ブドウ球菌(Staphylococcus epidermidis)をはじめとするMicrococcus属細菌やアクネ菌(Propionibacterium acnes)、そして酵母の一種などが存在することが知られている。
これらは通常,健常な皮膚に病変を起こすことはなく、むしろほかの病原微生物の付着・増殖を抑制していると考えられ,皮膚の最外層である角層に存在する生体由来の物質(水分や塩類,皮脂や角層細胞間脂質など)と相互に作用し,外界からの物理的,化学的,細菌などによる刺激から生体(おもに皮膚)を守る防御機能の一端を担っている。

通常、肌は28日サイクルで新しい皮膚に生まれ変わるターンオーバーが行われています。

この肌のターンオーバーによって、古い角質が剥がれ落ち、新しい皮膚に生まれ変わる新陳代謝が行われています。
このとき、毛穴から皮脂も汗とともに体の外に排出されます。

なのですが、しかし!
この肌のターンオーバーが体内バランスの異状などによって新陳代謝のサイクルが乱れることがあります。
そして、乱れてしまうと、古い角質が剥がれ落ちずに角質が層になり厚くなってしまいます。
その結果、毛穴の出口を塞いでしまい、皮脂が外に排出されずに詰まってしまうのです。

で、皮脂を好物とするマラセチア菌が繁殖してしまってニキビが発生。
これが、胸や胸元にニキビができるメカニズムです。

ニキビの4つの種類を知ろう!

もし、胸やデコルテに湿疹やぶつぶつができてしまった場合、ニキビなのかどうかの判断と症状を見極めてなければいけません。
なぜなら、状態によってケア方法が異なるからです。

ニキビは症状によって4つの段階にわけることができます。

白ニキビ

白ニキビは、白くプツっとした吹き出物が出ている状態のこと。
入り口が小さくなった毛穴に角栓が詰まり、内部に多量の皮脂が閉じ込められるという現象です。

まだ炎症が起きておらず、マラセチア菌もゆっくり繁殖して増えている状態。
ですので、この段階のニキビは比較的簡単に治療することができます。

黒ニキビ

黒ニキビは、白ニキビが少し進んだ状態のこと。
ポツポツと小さなホクロのように皮膚表明にみえるニキビです。

色が黒いのは、毛穴に詰まった皮脂が盛り上がって、皮膚に穴をあけて空気に触れたことによる酸化。
白ニキビと同様に初期の状態なので、比較的簡単に治療することができます。

赤ニキビ

赤ニキビは、黒ニキビの炎症がさらに悪化し、ニキビの周りが赤く腫れた状態のこと。
この段階になると毛穴の内部で炎症が起きはじめ痛みも伴うこともあります。

痛みの原因は、毛穴に詰まった皮脂にマラセチア菌が増殖し、炎症を起こしているからです。
この赤ニキビを放置してしまうとシミなどの跡に残ってしまう危険性があるので、早めの適切な治療が必要になります。

黄ニキビ

黄色ニキビは、赤ニキビが悪化して化膿し、黄色い膿が出た状態のこと。
この段階になると、ケガや病気をしているのと同じ症状です。

また、黄ニキビは痛みがあり、膿もでているので、潰したくなる状態ですが、潰すことNG!
なぜなら、黄色ニキビは炎症が肌表面ではなく肌の深部まで生じている可能性もあります。
潰してしまうと、凹凸を残すクレーター状のニキビ跡になってしまうリスクもあるからです。

この段階になってしまったら皮膚科などの専門の医療機関に相談してください。

角質の層を厚くする原因は、ホルモンバランスの乱れ

おしゃれや生活の妨げとなる胸や胸元のニキビ。
早く治したですよね、、、。

というわけで、胸ニキビが発生する要因になる「毛穴を塞いでしまう」原因ついて紹介していきます。

胸ニキビの原因となる「角質の層を厚くして、毛穴を塞ぐ」原因は、大きくわけて2つあります。
それは、「ホルモンバランスの乱れ」「外部からの刺激」です。

ホルモンバランスが乱れる原因は、生活習慣の乱れにある

ホルモンバランスが乱れてしまうと、先ほど紹介した肌のターンオーバーが乱れる原因になってしまいます。
さらに、皮脂の分泌を促進させる男性ホルモンの働きを活発化してしまいます。

そして、このホルモンバランスを乱す原因が生活習慣の乱れです。
下記の項目に当てはまる方は注意。

  • 睡眠不足
  • 偏食(食生活の乱れ)
  • 運動不足
  • 不規則な生活
  • ストレス

ホルモンバランスの乱れは、ニキビの原因になるだけでなく、体の免疫低下にもつながります。
そして、体の免疫が低下するということは、いろんな病気になる危険があるということです。

外部から刺激を受けて皮膚の防御機能が働く

皮膚は、外部からの刺激を感知すると、肌を守ろうする機能が働き、角質が厚く、硬くなります。
そうすると、毛穴の出口が狭くなり、皮脂の詰まりが発生。
つまり、ニキビができる原因になります。

胸やデコルテに刺激を与える要因。

  • 服や下着の摩擦
  • お風呂で体を強く洗いすぎ
  • 石鹸のすすぎ残し
  • 紫外線

皮膚への刺激は、黒ずみやシミの原因になるので、注意が必要です。

胸ニキビの治し方と予防マニュアル

胸ニキビを治す方法は、「生活習慣の改善」「皮膚への刺激を減らす」「正しいボディケア」の3つです。

では、それぞれについて紹介していきますねぇ。

生活習慣の改善は、ホルモンバランスを安定させる

先ほども説明しましたが、ニキビを発生させる要因になるのが、ホルモンバランスの乱れです。
そして、その原因になるのが生活習慣の乱れ。

つまり、生活習慣の乱れを改善すれば、胸ニキビを治せるだけでなく、予防にもなるということです。

毎日6時間以上の睡眠を確保する

睡眠不足になると肌の免疫が低下。
ニキビができやすくなるだけでなく、大きく、腫れやすくなります。

目安として、6時間以上の睡眠をとる。
しかし、ただ、睡眠をとるだけでなく、体内時計が乱れないように、毎日の就寝時間を規則正しくする。
体内時計が乱れると、肌の再生にかかわる成長ホルモンの分泌に影響を及ぼします。

ストレスを溜めないようにする

ストレスは自律神経の乱れを引き起こします。
自律神経が乱れると、男性ホルモンが多く分泌が増加。
そうすると、皮脂の分泌が促進され、ニキビが発生する原因になります。

日頃から適度な運動などして、ストレスの発散に努めてください。

偏食を改善し、皮脂の分泌を抑える食生活にする

偏った食生活をしているとホルモンバランスを乱すが原因になります。
また、皮脂の分泌を活発にしてしまう恐れもあります。

そこで大事になるのが、皮脂の分泌を抑える食事。
皮脂の分泌を抑える効果がある成分が、ビタミンB1、B2、Eです。

  • ビタミンB1
    豚ヒレ、豚もも、ピーナッツ、うなぎ、たらこ、豚ロース、玄米
  • ビタミンB2
    鶏レバー、うなぎ、納豆、まいたけ、ブロッコリー、生しいたけ、ヨーグルト、
  • ビタミンBE
    アーモンド、ツナ缶、たらこ、かぼちゃ、赤パブリカ、アボカド、ほうれんそう

また、便秘もニキビの原因に。
ですので、便秘改善になる食物繊維を多く摂取することも大事。
例えば、おから、大豆、納豆、モロヘイヤ、キウイ、れんこん、長いもなどです。

生活習慣の改善は、ニキビの予防につながるだけでなく、病気の予防、健康管理につながるので、普段から意識して改善してください。

皮膚への刺激を減らす

皮膚への摩擦や刺激を減らして、角質が厚く、硬くなるのを防ぐことが大事になります。

服や下着の摩擦を減らす

胸や胸元に一番刺激を与える要因が毎日着ている服と下着です。

特に、ナイロンなどの化学繊維でできた衣類や強く締めつける下着は、通気性が悪く肌への刺激も強くなります。
ですので、綿素材のインナーを選ぶなど、肌への刺激を極力減らしてください。

また、不衛生な衣類や下着は、雑菌を繁殖させる要因にもなりますので、こまめに清潔な服やインナーを着替えるなどして、清潔に保つようにする。

紫外線対策をする

紫外線も角質を厚くし、硬くする要因です。
ですので、日焼け止めクリームをぬるどの紫外線対策をしてください。

正しいボディケアをする

間違ったボディケアは、胸ニキビを悪化してしまいます。
ボディケア方法が正しいのかどうかをチェックしてください。

優しく体を洗い流す

体を洗うときは、ナイロン取るやボディブラシを酒、普通の綿タオルを使うようにしてください。
強く洗い過ぎてしまうと、皮膚が外的からの刺激と感知し、防御機能が発生して角質が硬くなってしまいます。

固形石鹸を使う

市販のボディソープは、界面活性剤が多いため、洗浄力は強いのですが、肌への刺激が強いというデメリットがあります。
また、洗いあがりをしっとり感を残すために油分が多く配合されています。
実は、この油分ですが、肌に残って油膜をはり、ニキビの原因になります。

ですので、肌を弱酸性の状態を保てる固形石鹸がおすすめ。

髪を洗ってからボディを洗うようにする

体を洗ったあとにシャンプーなどをすると、胸にシャンプーの成分が残り、それが肌への刺激になることがあります。
ですので、先に髪を洗ってから体を洗うようにしてください。

また、体を洗ったあとの石鹸のすすぎ残りも肌への刺激になるので、よく洗い流すことがポイント。

清潔に保つようにする

胸や谷間、デコルテは、顔の次に皮脂腺が多く皮脂の分泌が盛んです。
ですので、汗をかいたらこまめに拭き取るようにして清潔に保つことがポイントです。

油分を控えたボディケアで乾燥を防ぐ

マラセチア菌は、油を栄養として繁殖していきます。
そのため、油分の多い化粧品をつけると、胸ニキビが悪化したり、できる原因になります。

また、ボディケアを怠ってしまうと、肌が乾燥する原因に。
乾燥しすぎると、角質が厚く硬くなり、毛穴を塞ぐ原因になります。

ですので、油分の少ないボディケア用品でしっかりケアをするようにしましょう。

ニキビの最新の情報は、日本皮膚科学会のサイトで紹介されているので、参考にしてください。

胸、胸元のニキビケアには薬用クリスタルモーションがおすすめ!

クリスタルモーション

管理人である私が実際に使っている胸、デコルテのニキビケア用品がクリスタルモーションです。

菌の殺菌効果はもちろん、保湿効果も高く、悩んでいたシミも薄くなってきました。
また、治らない、繰り返しできる胸ニキビができにくくなってきているので、おすすめ。

価格 通常価格:9,000円
定期購入:5,890円
成分 グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキス、コラーゲン、ヒアルロン酸
効果 保湿、美白、抗菌作用
公式サイト http://crystal-motion.com

まとめ。胸元のニキビの放置はシミの原因になる

いかがでしたか。
胸ニキビは、間違ったボディケアをしてしまうと治りにくかったり、シミや跡に残ってしまうことがわかって頂けたと思います。
また、おしゃれや娯楽の妨げにもなります。

でも、生活習慣の乱れやデコルテニキビの原因になる要因を減らすことで予防と治療ができます。

ですので、今回の記事を参考に生活習慣やボディケアを一度チェックしてみてくださいねぇ。
そして、治らないと悩んでいる方は、今すぐに皮膚科などの専門医に相談してください!